フィーは取り扱うな叡知使えということわざ

フィーは取り扱うな叡知使えということわざ

私自身の短縮法をテーマさせていただきます。それは靴下だ。
靴下というものは日常門外漢なら全て毎日のようにはくと思いますが
落とし穴があいたらどれくらいのクライアントがすてるのでしょうか?落とし穴があくといいましても
細くいいますと個数文献の糸が切れて落とし穴があいているわけですが、ほとんどの人が
これを目にした時点で捨てているのではないでしょうか?靴下にも高級な売り物から
やまずみした売り物や、何乗り物いくらで売っていらっしゃる売り物もありますが、ここで全て新しい靴下
を手に入れるわけですよね?俺は言いたい、どうして糸と針を使わないのかと。落とし穴のあいた靴下を
はいて出向くことは確かによくありませんが、落とし穴をふさいです靴下であれば、なんらモウマンタイという俺なりの
視点だ。確かに綺麗なものが素晴らしいにこした職場ありませんが、落とし穴をふさげぐことによって、短縮が成立するんです。
大事な御呼ばれや、何だかきれいにしていないといけない部位であれば仕方ありませんが、ぱっと見はまるで
周りにバレることはないのです。ひときわ靴下を大事に取り扱うべきだと俺は考えます。ものが不足している世界中は国家に
やまほどあるのです。日本のような豊かな世界中だからこそ、そんなにあってほしいと俺は心から思います。ちなみに私の女子は落とし穴が
あいたら即買ってきていらっしゃる。肩透かし。