みんな楽しい!一石二鳥の節約方法

みんな楽しい!一石二鳥の節約方法

私が住んでいるマンションのお隣りの奥さんとは、自分たちの年齢も、子供の学年も同じだったので仲良くなりました。その奥さんはとても明るく、素敵な人なのですが、旦那さんがリストラにあい、失業中でした。奥さんの口癖は「節約しなくちゃ」でした。ある日、その奥さんから一緒に家庭菜園をしないかと誘われました。

野菜を自分で育てて、節約したいというのです。家庭菜園などしたことのなかった私ですが、ちょっとおもしろそうだと思ったのと、マンションの屋上に自由に使っていいスペースがあったので、二人でそこでやってみることにしました。植木鉢の代わりにいらなくなった発砲スチロールを使ったり、水やりには米のとぎ汁を使ったり。節約しながら手探りでやっていると、同じマンションに住んでいる、もと農家だったというおじいさんから声をかけられました。

そのおじいさんから、いい土の作り方や、こうやるともっと根が張っていい野菜ができるとか、苗を植えるタイミングをちょくちょく教えてもらうようになりました。そうこうしていると、トマトはたくさんの実をつけ、ミニ大根はミニじゃないくらい立派になり、大豊作になりました。

同じマンション内で、一緒にやりたいという人が他にも出てきて、今ではかなりの面積で家庭菜園をしています。もとは節約のため、という理由からだったのですが、結局新鮮な野菜は食べられるし、みんなと仲良くなれてとてもよかったと思っています。子供たちも手伝ってくれて、親子で土と触れ合える貴重な時間にもなっています。近々また新しい野菜の種を植える予定なので今から楽しみです。