使えるお金を減らしても生活に支障は出ない

使えるお金を減らしても生活に支障は出ない

子供が大人になるまでにかかるお金を考えても私たちの老後のことを考えても貯蓄は絶対に必要と分かってはいますが毎日の生活に追われて子供が大きくなるにつれてかかるお金も増えていくので自分が思っているような節約はできず貯蓄も中々たまりません。

絶対に赤字になることは避けるようにしていますがボーナスを全部、貯蓄に回すこともできず出費は増え続けるのに貯蓄も一向に増えていかないので少し強制的に、自分に無理をしてでもと思い生活にかかるお金を項目別に全て使えるお金を減らし最初から貯蓄分を多くとっておくことや食費や日用品費なども以前よりも少なく見積もっていますがそこからさらに少しでも使えるお金を残るようにして余った生活費は全て貯金に回すか娘の塾代に少し回すようにしたら少しずつですが毎月貯蓄できる金額が増え赤字はなくなりました。

使えるお金はあればあるだけまだ大丈夫、まだ使えると思ってしまうので少し少ない金額に設定しておいてもその少ない金額でなんとか生活するようになり無駄なストック買いや安いからと言って使うのか、食べるのかわからないものを買わなくなったので生活にかかる出費がかなり減ったので本当に少しずつですが貯蓄できる金額が増えやっぱり余ったお金を貯蓄するという気持ちだけでは貯蓄は増えていかないと実感しました。