クレカと口座と現金を上手に使いまわそう

クレカと口座と現金を上手に使いまわそう

我が家では、直接の集金以外、レジで現金をつかうことは殆どしません。

なぜなら、今はどこに行っても殆どクレカが使えるからです。

クレカは200円で一円程度のポイントが付くので、これは塵も積もれば山ということで、利用状況を把握しつつ、ほとんどをクレカで決済しているのです。

食費、ドラッグストアなどで買う洗剤やトイレットペーパーなどの生活雑貨、通学定期代など、考えてみればかなりの金額がそこに集約されます。

こうしたものを駆使しただけで、毎年数万円単位のポイントがペイバックされるのです。

問題は、いくら使っているかが把握できるか、ということですね。

必要な物品しか買わないのは、節約として当然のことです。

さらに、口座にある残高、今財布の中に在る現金など、総合的に把握しつつ、使いまわしていくことがたいせつなのです。

しかしいくらクレカでその場の支払いができるから、といってホイホイなんでも買えるわけではありません。

むしろちょっとドキドキするくらい、買い物の節約ペースはより一層引き締めておくことで、無駄買いを減らし、買ったものはロスすることなく使い倒す、それは絶対的な基本です。

クレカの使用と、そうした節約のポリシーを結び付ければ、年に何度かのランチ代くらいはゲットできるのだということを覚えておきましょう。

ちょっと、やる気が出てきませんか?