デリケート洗いを身に付けて節約

デリケート洗いを身に付けて節約

生活費を少しでも節約したい主婦にとってなかなかばかにならないのが、クリーニング代です。子供服や部屋着などは製品表示を気にせずガシガシ洗えますが、ニットやシルクなどは洗濯するのはちょっと怖いので、2・3回着たらクリーニングという人も多いと思います。

これを家で洗えるようになれば、月に数千円は節約できますよね。素材に合った洗い方を身に付けて、クリーニング代を削減しましょう。

まずニットですが、家での洗濯で縮んだり毛玉だらけになったりする失敗のほとんどが、摩擦と温度差によるものです。羊毛は温度の変化と摩擦によってフェルト化する性質があるので、畳んだ状態で洗濯ネットに入れ、常温の水で洗うのがポイントです。

シルクやサテンなどのデリケートものも同じく、刺激を与えずに優しく洗います。デリケートコースがある洗濯機なら安心ですが、もしなくても大丈夫。ネットを2重にして、時短コースで洗えば、繊細な素材を傷つけずに洗えます。

どちらの場合も、乾燥機の使用は厳禁。ほんの30秒ほど脱水を回したら取り出し、バスタオルで優しく上から押さえて余分な水を吸い取ります。あとは形が崩れないように陰干しをすれば、ふんわり・ツルツルとそれぞれの素材の持ち味がよみがえります。普通の洗濯よりは手間がかかりますな、「これで1000円の節約!」と思えば苦にならないはず。一手間をかけて、コツコツお金を貯めましょう。