安定的に資産を増やすには

安定的に資産を増やすには

現在のデフレ社会では、給与が右肩上がりに上がることもありませんし銀行の定期預金でも金利が低いのでなかなかお金がたまりません。そんな中でお金を貯める方法としていくつかありますが、1つは、貯蓄目的の保険商品です。

期間が長いので長期にわたりますが、満期になりますと定期預金よりも利率がよいのがポイントです。子供のいる家庭でしたら学資保険もいいでしょう。子供が18歳になったら満期になりますが、満期になっても目的はフリーですので何に利用してもかまいません。保険ですので、万が一の時にはお金が遺族に支払われるので家族にもメリットがあります。

保険商品以外としたら、投資信託でしょう。現在あるNISAを利用するのがポイントです。株に投資するとどれに投資していいかわかりませんので毎月分配される投資信託がお勧めです。高い分配金の商品は基準価格の下落が激しいのであまり高くない商品を選びます。分配金は無税です。

分配金は貰ってしまうとそれまでですが、分配金を再投資すると更に分配金を生みます。これが毎月分配の投資信託のメリットです。毎月、金利が支払われる複利方式の定期と同じです。そんな定期預金はありあませんが、投資信託ではこれが実現できます。しかし、短期で運用するのではなく、長期で行わないといけません。