どちらが節約になるのか、実はよく分からない

どちらが節約になるのか、実はよく分からない

うちは私が専業主婦をしているため、夫の収入だけで家族4人生活しています。

そうなると、必然的に節約をしなくては生活出来ません。

節約といっても、削れるものと削れないものがありますよね。子供の学費や保育費、収入が少ない家庭ほど医療保険も良いのに入りたいと思うものです。

いざというときにお金がなくて治療出来ない…なんてことは避けたいですからね。

そんな出費の中で一番大きいのが住宅費ではないでしょうか。私は、自分が生まれ育った家に住んでいました。私の親は既に他の場所へ引っ越し済み。しかし、これから何十年も住むには、この家はもうボロボロでした。

思いきってローンを組んで家を建て替えることにしました。一番気になったのは毎月の出費でした。建て替えの見積もりを出してもらって計算した結果、月に5万の支払いになりました。土地代が無かったので、思ったよりも安く済んだのです。

しかも月に5万で駐車場付きの一軒家に住めるというのはかなりお得だと思いました。

しかし、いざ家を建ててみると、固定資産税は建て替え前の何倍も高くなり、団体信用生命保険、火災保険や地震保険に入るとかなりの出費になることがわかったのです。

それでも、いつかは子供たちのものにできるのだから、建て替えがムダになったとは思えませんが、節約という概念で見ると、賃貸で暮らすのとどちらが良かったのかわかりません。